美肌の流儀>肌荒れと生理の微妙な関係

気になるキーワードで検索

  

生理の前になると、よく吹き出物が出るとか、肌が乾燥すると言った肌荒れに関するトラブルを耳にした事はありませんか。
女性の方なら、必ずと言っていい程、経験があると思います。
それでは、生理と肌荒れには、一体どのような関係性があるのでしょうか。

まず、女性ホルモンには「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の二種類がある事を御存知でしょうか。
エストロゲンは分泌される事により、肌に潤いを与えてくれる女性らしさの為のホルモンで、プロゲステロンは妊娠の為に必要なホルモンです。
この二つのホルモンは、常に同じように分泌されている訳ではなく、生理の周期に合わせて分泌量が変動しています。
エストロゲンは生理が終わってから排卵までの一般的に14日間の間に多く分泌し、反対にプロゲステロンは排卵から最長でも14日間しか分泌されません。
このホルモン分泌のバランスによって、生理が引き起こされている訳です。

排卵後から生理が始まるまでの間に肌荒れが多い原因は、その時期に男性ホルモンと似た働きのあるプロゲストロンの分泌量が増えるせいで、皮脂分泌が普段よりも活発になってしまうためです。
また、ホルモンのバランスも崩れやすくなるので、肌の新陳代謝も上手くいかなくなります。
この時期を乗り越えると、プロゲストロンの分泌が少なくなり、再び肌の状態が安定していくのです。

 

美肌の流儀
肌のくすみ対策
肌のしみ対策
美肌と紫外線
美白とタバコのヤバイ関係
角質をはがすと美白になるのか?
肌荒れとストレス
肌荒れと生理の微妙な関係
肌荒れに漢方
トップへ戻る
(c)美容部員の流儀