目のクマ対策の流儀>肝臓病と目のクマ

気になるキーワードで検索

  

目の下にクマが出来てしまう原因は、一般的によく言われている目の疲れやストレス、そして、寝不足ばかりとは限りません。
もしかすると、その目の下のクマの原因には、様々な病気が隠されている可能性もあるのです。
睡眠不足を解消したり、必要な栄養をたっぷり摂ったりして生活環境を整えてみても、なかなか消えない頑固なクマの場合には内臓の疾患も考えられます。

そんな時は、迷っていないで、念の為に内科を受診する事をお勧めします。
特に、肝臓病にかかってしまうと、血液を赤く保つ色素であるヘモグロビンが減少して、血液の色がどす黒くなってしまいます。
目の下の皮膚は身体の中でも薄い部分ですので、このどす黒い血液が透けて黒いクマに見えてしまうのです。
毎日お酒を飲む日々が続いていたり、食べ過ぎてしまう事が多かったりと、肝臓に負担を掛ける生活を続けていると、目の下にクマが出来やすくなってしまいます。

心当たりがあって、目の下のクマに悩んでいるようでしたら、お酒の量を控えたり、健康的な食生活を送ったりして改善を試みて下さい。
また、クマが出来てしまうその他の内臓の疾患として、糖尿病や腎臓病、甲状腺機能亢進症等も挙げられます。
実際に、目の下のクマと病気が関係している事は少ないのですが、無関係であるとも言えませんので、クマが出来て体調が悪いと感じる場合には注意するようにして下さいね。

 

目のクマ対策の流儀
目のクマにはカシス
目のクマとタバコのイケナイ関係
肝臓病と目のクマ
ヒアルロン酸注入で目のクマ撃退
トップへ戻る
(c)美容部員の流儀