バストアップの流儀>ダイエットはバストアップの敵?

気になるキーワードで検索

  

多くの女性にとって、「ダイエット」はとても大きな関心事だと思います。
しかし、ダイエットをすれば胸が小さくなってしまうというのも、深刻な悩みではないでしょうか?

こんな事を聞いたことがありませんか?
重力の関係で、太るときは下から(足から)太り、痩せるときは上から(胸から)痩せるなんて言葉。
昔は結構信じていた人が多かったのですが、実はこの話にはあまり根拠がないようです。
とはいえ、ダイエットの仕組みといえば、脂肪を燃やすことです。

筋肉をつければ代謝も高くなるので脂肪の燃焼率も高くなり、痩せるのですよね。
そして、女性のバストは、90%近くが脂肪だと言われています。
ですから、ダイエット=脂肪燃焼=バストが小さくなると考えるのは理に適っているでしょう。

さて、バストは揺れると垂れたり、脂肪が落ちるというのをご存知でしょうか?こういう言い方は大変失礼なのですが、バストを大きく揺らして走る陸上選手ってあまり見ませんよね。
どんなに胸の小さな女性でも、走ると胸は揺れますから、脂肪が落ちると言われています。
ダイエットに一番効果的な有酸素運動を、胸を揺らさずに行う。
ダイエットを行いながらバストサイズを落とさないコツというのは、そこにあるそうです。

さらに、その方法として注目されているのが、サラシです。
サラシできつく胸を巻くことで、極力揺れない状態にした上で行う有酸素運動。
これによって、バストの脂肪を落とさずに、お腹まわりや足などの脂肪だけを落としていく事が可能になります。

 

バストアップの流儀
睡眠とバストアップの親密な関係
バストにハリを!
ダイエットはバストアップの敵?
バストアップに有効なのは
トップへ戻る
(c)美容部員の流儀