バストアップの流儀>バストにハリを!

気になるキーワードで検索

  

バストは、例えAカップの人でも垂れるというのは、すでにご存じの方が多いと思います。
バストの脂肪というのは大変流れやすく出来ているため、例えバストが小さい人でも、シッカリ自分の体にあったサイズのブラジャーをしていないと垂れてしまったり、脇や背中に流れてしまったりするのです。

バストのハリがないと感じるのには、幾つかの理由があります。
まず、そのひとつは、実際にバストが小さくなったため、つまり、しぼんだ風船のような状態になっていて、ハリを失ってしまっている場合。
これは妊娠中に大きくなったおっぱいが、授乳終了と共に元のサイズに戻ってしまったり、肥満体型の方がダイエットによって通常の体重になったことで、胸の脂肪も落ちたなんていうケースが当てはまります。
それ以外では、やはり加齢とともに垂れてハリを失うことが一番多いでしょう。

実は、それには女性ホルモンの分泌も関係しています。
このハリを戻すには、垂れたり背中に流れたりしている脂肪を元の位置に戻すのが最も効果的です。
大胸筋の筋肉を鍛えることでバストが垂れるのを抑えることが可能になりますから、大胸筋を鍛えるというのも是非実践したいですね。
また、マッサージで流れた脂肪を戻すというのも大変効果があります。

入浴時などに、背中から前へ、下から上へとマッサージするだけでもかなり効果的ですし、バストアップのマッサージを行っているエステに通うのもいいですね。
そして、一番重要なのは、自分の体型にあったブラジャーを着けるということです。

 

バストアップの流儀
睡眠とバストアップの親密な関係
バストにハリを!
ダイエットはバストアップの敵?
バストアップに有効なのは
トップへ戻る
(c)美容部員の流儀